お問合せフォーム

最近環境汚染問題を考えてプリンタ業界の動きが気ぜわしい。生産者責任リサイクル制も’がプリンタ,コピー機,ファクシミリのような製品まで拡大して国内関連業界で環境マーケティング戦略を先を争って用意している。 さらにヨーロッパで重金属の使用を全面禁止するRoHS(電子製品危険物質使用に関する規制)の施行も大きな要因だ。やはりこのような雰囲気をより一層広める要因として作用している。これに対する代案で最近注目されているのがまさにリサイクルトナー市場だ。環境にやさしくて、質の良いリサイクルトナーが今後世界に普及していくだろう。

廃棄トナトリッジの再活用ためのプログラム運営が発化している。
生産者責任リサイクル制も(EPR:Extended Producer Respondibility)というのは、製品生産者や包装材を利用した製品の生産者にその製品や包装材の廃棄物に対して一定量のリサイクル義務を付与してリサイクルするようにして、これを履行しない場合リサイクルに必要とされる費用以上のリサイクル賦課金を生産者に賦課する制度だ。
環境庁がEPR品目にプリンタ,コピー機,ファクシミリを拡大適用することにして、これを中心とした。これから関連業者は該当廃棄物の一定量を義務リサイクルしなければならなくて、これに従わない時はリサイクル賦課金を負担しなければならない。この様に国も環境とリサイクルに対して協力している。企業側でもこういった法の整備と補助があれば、リサイクルトナーの開発に焦点を当てて、発展させていくことができる。
これに伴いリサイクルのためのシステムを整える企業らが一つ二つずつ増えている状況だ。
プリンタ生産業者中では一番最初にカートリッジをはじめとするリサイクルトナー消耗品再使用プログラムを運営している。リサイクルトナーを除去してリフィル, リサイクルトナー再販売することで環境汚染物質の排出を減らすという趣旨のプログラムだ。環境にやさしくて、質の良いリサイクルトナーが今後世界に普及していくだろう。


そうであるかと思えば三星電子はリサイクル センターを竣工した。 国内最初に‘原料リサイクル’方式の資源循環体系を適用した。こちらは既存の‘熱リサイクル’方式より一層進歩した‘原料リサイクル’方式を適用したのが特徴. 環境汚染を最小化するということはもちろんプリンタ完成品とリサイクルトナーなどを月8万台ずつリサイクルすることができる。 三星電子はリサイクル センター建設に先立ち‘三星プリンタ緑色愛キャンペーン’を実施してきている。 このキャンペーンは使ったトナーカートリッジを回収してリサイクルトナーとして自主的に処理することで消費者が回収を申請すれば申請日に宅配記事が訪問して除去するものの宅配費用は三星電子側が全額負担する制度だ。 回収対象は三星電子が販売するカラー・白黒レーザープリンタ,レーザーコピー機,ファックス,複合機などに使われるトナーカートリッジなどだ。リサイクルトナーとして再生され、消費者にも便利なシステムとなっている。
HPは去年から寿命が終わった製品を回収してリサイクルトナーとしてリサイクルする‘プグラム’を運営している。このプログラムにより全国のインクトナー交換店とプリンタ サービス指定店で回収された廃棄カートリッジはリサイクルトナーはもちろんのこと、自動車車体部品,洋服掛け,プラスチックおもちゃ,垣根柱,屋根タイルなど多様な用途でリサイクルされる。 この他にも富士ゼロックスとエプソンは、やはりオンライン受付を通じて消費者を直接訪問,使った製品を回収しリサイクルトナー制作するプログラムを運営するなどこのような動きは順次業界全般に広がっていく傾向だ。

check

地域買取最高額に挑戦!

三重の金買取店

かわいいエスニックアイテムを多数ご用意しています。

エスニックファッションの通販

2016/2/5 更新