お問合せフォーム

3、リサイクルトナー再製のためには使用済廃棄品の確保が重要

リサイクルトナーを生産するためには何より使ったトナーカートリッジ,すなわちemptyカートリッジが必要だ。 これは主に専門除去代行業者に依頼したり自主的に各地を運営,回収を通じて物を確保する。 回収されたトナーカートリッジは一般的に明細書および数量を確認する1次検査をした後、洗浄→保守、調整→補充→部分組み立て→2次検事→画像テスト→全体組み立て→品質承認→包装→物流センター入庫→出庫の過程を経ることになる。このように加工されたリサイクルトナーは平均3回まで再生が可能だ。現在の国内で除去および再製に使われるリサイクルトナーの種類はプリンタ製造会社により区分されて約70余品目に至っている。
問題は販売店を通したトナーカートリッジの回収比率が低いということ。リサイクルトナー生産業者らが自主的に運営する回収プログラムが違う産業に応用するリサイクルに使われるということによって再製業者の物量確保はより一層難しくなった。実際にある調査結果によると販売店を通したリサイクルトナーの販売店回収率は非常に高かったが、個人使用者の場合の販売店を通した回収率が低く、従量制やリサイクル品と共に不適切に排出される比率が高いことが分かった。環境にやさしくて、質の良いリサイクルトナーが今後世界に普及していくだろう。


ここにリサイクルトナー製造業者の商標を削除しなければ再製の表記を明確にするといっても現行商標法および不正競争防止法に抵触するのも関連企業等が直面するジレンマの中の一つだ。
このように、リサイクルトナーの回収と需要が見合っていない為に、おこる問題もある。
状況がこのようだからそれにともなう副作用も現れている。 リサイクルトナーの質的低下がまさにそれ. 最も大きい悩みの種は中国から流入するいわゆる偽物製品らだ。 国内で物量確保に困難を経験するリサイクルトナー企業等がこれを輸入してリサイクルトナーを供給している状態であるためだ。最近では空のトナーカートリッジだけでなく最初から中国で生産された完成品が輸入されて流通したりもする。
国内で回収された廃棄トナーに対する管理不良も問題になっている。廃棄トナーは普通3回までリサイクルトナーとして再生が可能だがその水準を越えればプリンタ内部の熱でい形自体が曲がって、いくら新しいもので部品を交替しても装備および印刷品質に悪い影響を与えることになる。 純正品生産業者が最も不満を現わす事項の中の一つがまさにこれだ。 普通不良が発生すれば消費者らは大部分リサイクルトナーを問題視するのではなくプリンタ製造業者にA/Sを要請して不満を提起するからだ。 純正品製造業者らは単純に修理にかかる費用を請求するけれども、自社製品の信頼度およびイメージに打撃を受けることに不満を現わしている。このためにはリサイクルトナーの品質管理のための厳格な基準が用意されなければならないという指摘だ。
リサイクルトナーの低品質な物を使用すると、プリンターへの故障の原因になりかねない。リサイクルトナー選びも重要となる。環境にやさしくて、質の良いリサイクルトナーが今後世界に普及していくだろう。

Favorite

最終更新日:2017/1/13