お問合せフォーム

トナーの再製を政府次元で慢性化している。 米国ではリサイクルトナー再製造産業促進法を、ヨーロッパは電子製品リサイクル法を各々制定してリサイクルトナー再製を邪魔する行為を厳格に禁止している。
先に米国の場合を言うと、ニューヨーク州はリサイクルトナー再製製品に対する税金免除および優先購買制度を施行していて、ニュージャージー州はプリンタとプリンタ部品にリサイクルトナー再製を阻害する部品販売を禁止している。またテキサス州ではリサイクルトナー再製品を政府が優先購買する特典制度を施行していて、カリフォルニア州では1999年法案改正を通じて政府でリサイクルトナー再製品の購買を可能にする一方、リサイクルトナー再製を邪魔する行為を禁じるようにした。このためにすべての州に販売されたトナー/インクカートリッジがリサイクルやリサイクルトナー再製造されるのを邪魔するのは不法だ”ということを商品表紙にも良く目につく適切なところに印刷して公示するようにした。ヨーロッパ連合(EU)もやはり2006年からリサイクルに関する法案(European Recycling Law for Electronic Waste)を施行、 プリンタ製造者が各ブランド別カートリッジ使用や消費者のカートリッジ リサイクルトナー、リフィルを邪魔するチップ(Clever Chip)装着を禁止するようにして新品とリサイクルトナー再製品の公正競争を規定している。環境にやさしくて、質の良いリサイクルトナーが今後世界に普及していくだろう。


こうなると、純正品を購入するという消費者は減るだろう。品質に問題もなく低価格で、政府からも支援されていれば、リサイクルトナーを購入するだろう。
純正品製造業者と再製業者間でお互い共存するための協力必要が必要となってくるだろう。
全世界的に廃棄トナーカートリッジの再製活性化方案が施行されている。そんな中で最も至急に解決しなければならない事項は純正品業者とリサイクルトナー再製業者間の葛藤をどのように解決するかだ。特に去年にはキヤノン社が国内再製業者を相手に出した特許訴訟で勝訴して葛藤様相はより一層深刻化した。
純正品生産業者らは市場の浸食に対する不安とともにリサイクルトナー不良再生品による自社製品のイメージ下落に不満を現わしている。 その反面リサイクルトナー再製生産業者らは大企業らが廃棄トナーカートリッジを自らの回収して廃棄して、それにより発生する需給不均衡の中で、リサイクルトナーの低質再生品の流通を根本的に防ぐことは不可能だと主張している。
幸いなのは環境保護およびリサイクルトナー再制度の必要性に対して両側が皆共感しているということ。これのために解決策で純正品業者が新しいモデルを出す場合それにともなう研究開発費と収益を確保できるように一定期間の間法的にリサイクルトナー再製を禁止するようにしようという方案が提示されている。純正品の供給が伴わない限りリサイクルトナー再製産業は存在できないという理由からだ。これにまけないくらいリサイクルトナー再生品の品質と信頼度向上のためのリサイクルトナー再生業界自らの企業努力も要求されている。 このためには何より再製リサイクルトナーの品質維持のための法的,制度的装置を用意するということによって専門化された標準および規格の不足による使用者の製品の品質に対する不信を防ぐべきだということが業界の大半の意見だ。

recommend

結婚写真を沖縄で撮影

2017/6/8 更新