お問合せフォーム

全て使ったトナーカートリッジを活用する方法は大きく三つだ。リサイクル(Recycling),再製(Remanufactuing),再使用(Reusing)がまさにそれ. リサイクルは廃棄品を除去して原材料の残存価値を活用することだ。 すなわち破砕して溶かすなど物理的加工を経た後、他の製品の原料で使うことをいう。 リサイクルトナー再製は使用後製品を体系的に回収して,洗浄,検査,保守・調整,組み立てなど一連の過程を経て本来製品の機能および性能でリサイクルトナーとして回復させることだ。一方再使用は使用後最小限の作業(単純清掃および整備)を経た後、残った寿命だけまた使うことである。環境にやさしくて、質の良いリサイクルトナーが今後世界に普及していくだろう。

使用後再生過程を経なかった廃棄トナーカートリッジは埋めたてないしは焼却処理することになる。この時深刻な環境問題が発生することになる。 トナーカートリッジは製品の特性上の色々な複合材質で形成されていて特に鉛成分のカーボンエイトなど有害物質が含まれていて再使用,リサイクルされないで埋めたてされたり焼却される場合、水質汚染,大気汚染,土壌汚染を加重させることになる。 廃棄トナーカートリッジ1個が分解されるなる最小500年以上が必要とされ、インクカートリッジ1個の残余インクを浄化するには1トンの澄んだ水を必要とする。 焼却時には爆発の危険性もある。人畜無害なトナーの開発を企業にはお願いしたい。半世紀もの間有害なトナーを埋め立てて放置しておくことは次の世代の環境にどんな影響を及ぼすのだろうか?さらにプリンターの普及から、トナーは後から後から増加している。埋め立てるにも限界があるのだ。なんでも埋め立てて処理すれば解決する事ではない、目先の利益にとらわれず、今後の環境を見据えて、今から取り組んでいきたい。

業界関係者たちは国内で使われて捨てられるトナーカートリッジの大部分が輸入されているという点を上げて外貨およびエネルギー節減の次元でもリサイクルトナー再生産業は奨励されなければなければならないと主張している。リサイクルトナーが高品質、定価格の為、一般的に広がれば、環境汚染は大きく縮小する事ができすだろう。

国内廃棄トナトリッジの再生率は約25%である。
関連業界によれば現在のトナーカートリッジ再製造業者は全国に250〜300余社があると推定されて原品を含んで全体市場の約25%ほどを占めている。
環境庁資料によれば2003年一年の間、新規カートリッジは184万ヶが販売され、リサイクルトナーは134万ヶが生産されたことが分かった。この資料を根拠とすれば2003年一年の間カートリッジ総需要量は318万ヶとなる。 トナーカートリッジが概して三回程度再使用されるという点を勘案するならば134万個のリサイクルトナーのために約45万ヶ(134×3回)の使用済リサイクルトナーが使われたと見られる。 このような事実を根拠に単純計算をしてみれば、新しく供給されたカートリッジのリサイクルトナーとしての再使用率は約25%水準だ。これは残り新規トナーカートリッジの約75%が埋めたてや焼却などで廃棄処分されたことを意味する。
リサイクルトナー生産業者らはエネルギー活用と節約効果がより大きいという点を上げてリサイクルよりは再製が望ましいと話す。 再生品は原題品価格の50%水準に供給できて消費者の立場で経済的負担を減らすことが出来るという理由だ。
だがこのような主張と比較してみると、国内再製産業の現実は非常に劣悪な状態だ。全体製造業者の中で正しくなされた生産ラインおよび設備を整えて運営される所は40余社内外で全体の15%未満であり,大部分零細な家の内手工業的な形態で成り立っていてリサイクルトナー製品の品質に対するいかなる検証作業もなされなかった状態だ。 特に陰性的に再生したリサイクルトナー低質製品の流通による消費者の被害、(国内リサイクルトナーの不良率は約20〜30%)で原題品生産業者と摩擦を醸し出す場合も発生している。環境にやさしくて、質の良いリサイクルトナーが今後世界に普及していくだろう。

おすすめWEBサイト 5選

防カビ剤
http://www.cleanart.net/

最終更新日:2017/1/13